本文へスキップ

iPhoneの歴史・種類について

iPhoneの歴史・種類について

iPhoneの歴史・種類について

歴史について
iPhoneの歴史について振り返ってみましょう。まず初代のiPhoneが登場したのは2007年のことです。こちらは電話を改革するという宣言のもとに発表されたものです。そして、実際にiPhoneは電話というものを変えました。ただし、初代のiPhoneは日本では販売されていません。日本で初めて販売されたものはiPhone3Gです。こちらは世界22ヶ国で販売されています。ハードウェアとしてはあまり初代とは変わっていません。次にiPhone3GSが登場しました。こちらは100以上の新機能が含まれるとしてアピールされました。実際にいろいろな機能が追加されています。音声によってコントロールできるようになったのはここからです。

2010年にはiPhone4が発表されました。こちらはカメラ機能が大幅に向上しました。さらにデザイン面も刷新されたのが特徴です。また、翌年にはiPhone4sが登場しました。こちらではsiriやiCloudが初めて搭載されました。

2012年にはiPhone5が出ました。こちらは4インチディスプレイが搭載されました。薄型化を実現しています。2013年にはiPhone5sが出ました。こちらで初めて指紋認証センサーというものが搭載されました。2014年にはiPhone6/6Plusが出ています。こちらはディスプレイのサイズが4.7インチと拡大されました。Plusモデルについては5.5インチとなっています。2015年にはiPhone6が登場しました。2016年にはiPhone7、2017年にはiPhone8が登場して、さらに2017年には8と同時にXも発表されています。