スポンサーリンク

抱っこ紐の保冷剤はどこに入れるのがおすすめ?エルゴの場合も紹介!

抱っこ紐を使う際の暑さ対策には、保冷剤を活用することが一般的です。しかし、保冷剤をどこに入れるのが最適かについて、疑問が生じることもありますね。

赤ちゃんを抱っこすると、そのかわいい小さな体は本来から高温で、さらに抱っこしていると汗だくになることもあります。このような状況下で熱中症を心配することもあれば、赤ちゃんの汗による不快感も気になることでしょう。

そこで、今回は抱っこ紐を使用する際に保冷剤をどこに入れるのが最適か、詳しくご紹介していきます。特にエルゴ(Ergobaby)の抱っこ紐に関してもお話ししましょう。

スポンサーリンク

抱っこ紐の保冷剤はどこに入れる?

体を涼しく保つために、冷やすのに適した部位は皮膚が薄く、太い血管が通っている場所です。具体的な部位として以下が挙げられます。

手首

注:首の後ろ側(髪の生え際)は効果が限定的です。

ひじの内側
ひざの裏
脇の下
注:体温計を挟む部位(上腕の内側でも可)
脚の付け根
注:腰骨と股を結ぶ線の内側3分の1

特に、首、脇の下、脚の付け根に保冷剤を当てると効果的です。これらの部位はリンパ節が集まっているため、体を冷やすのに効果的です。

抱っこ紐を使用する場合、保冷剤を取り付けやすい部位は首や脚の付け根でしょう。また、エルゴやアップリカなどの抱っこ紐には、赤ちゃんの背中部分にチャックがあることが多いため、ここに保冷剤を挿入することも可能です。赤ちゃんの肌は薄いため、背中に保冷剤を入れても体を冷やしやすいでしょう。ただし、抱っこ紐が濡れたり冷えすぎたりしないように、保冷剤をガーゼなどで包んでから挿入することをおすすめします。

一方、お腹を冷やすことは避けるべきです。赤ちゃんのお腹側には通気性の良い生地(ガーゼなど)を挟んでおき、汗をかいて湿っている場合は取り替えたり、保冷剤を取り出したりすると良いでしょう。極端に暑い場合は、お腹側に冷え過ぎないように気を付けることも大切です。

最後に、赤ちゃんの肌は敏感なため、長時間直接保冷剤を当てることは避け、低温やけどにならないよう注意が必要です。その他、日傘を使用したり、夏用の抱っこ紐ケープを利用したり、子供に帽子をかぶせたりするなど、保冷剤以外の方法も使って、直射日光を避けて快適に過ごすことができます。

抱っこ紐の保冷剤の選び方

抱っこ紐に使う保冷剤を選ぶ際に考慮すべきポイントは、保冷剤の大きさ(重さ)と持続時間です。

1. 保冷剤の大きさ(重さ):
抱っこ紐に取り付けて使用する際、大きさや重さが重要です。大きすぎたり重すぎたりすると、大人の負担になります。ですから、適度なサイズと重さの保冷剤を選びましょう。

2. 保冷の持続時間:
保冷剤の持続時間も考慮すべき要素です。保冷剤の持続時間は、その種類によって異なります。一般的に、保冷剤にはハードタイプとソフトタイプの2つの主要な種類があります。

ハードタイプ:これは通常、ケーキ屋さんなどで見られるような硬い保冷剤です。保冷持続時間が長く、長時間の外出や、首などを冷やす場合に適しています。

ソフトタイプ:ソフトタイプの保冷剤は、ハードタイプに比べて持続時間が1〜2時間程度と短いですが、フィット性に優れています。したがって、軽いお散歩や背中に入れる際に使用するのに適しています。

使うシーンや場所に合わせて、適切な保冷剤を選ぶことが重要です。

エルゴなどのチャックがある抱っこ紐におすすめの保冷剤

エルゴなど、背中にチャックがある抱っこ紐を使用する場合、ソフトタイプの保冷剤がおすすめです。ハードタイプの保冷剤も使えますが、赤ちゃんの背中に当たる可能性があるため、フィット性から考えるとソフトタイプの方が適しています。

最近では、100均などでもソフトタイプの保冷剤が手に入りますので、手軽に購入できることも魅力です。子供が成長してお弁当が必要になった際にも、お弁当用の保冷剤として利用できるので、長く使えるアイテムと言えます。

ソフトタイプの保冷剤の保冷効果は通常1〜2時間程度です。もっと長時間の保冷を望む場合は、ハードタイプの保冷剤を選択することもできます。ハードタイプの保冷剤を凍らせる際には、できるだけ平らに凍らせると、背中へのフィット性を向上させることができます。また、ハードタイプの保冷剤は保冷だけでなく保温にも使えるため、コスパが良い選択と言えます。冬には抱っこ紐の中に入れずに、ママのカイロとしても利用できます。

また、ソフトタイプの保冷剤は、可愛らしいデザインのものも多く、他の選択肢と比較して楽しむこともできます。機能性だけでなく、デザインにも注目して選んでみるのも楽しいかもしれません。

背中にチャックのない抱っこ紐におすすめの保冷グッズ

背中にチャックがない抱っこ紐を使用して、背中を冷やすことを考える場合、保冷パッドを使うのがおすすめです。保冷パッドの商品には、紐で結ぶタイプ、バックルのタイプ、クリップのタイプなどがあります。

紐タイプ: 紐で結ぶタイプの保冷パッドもありますが、子供が紐の先をなめてしまうという口コミもあります。また、付け外しも面倒ですが、デザインのバリエーションが豊富で、お好みのデザインを見つけることができます。

バックルタイプ: バックルでとめるタイプの保冷パッドは、取り外しが簡単で外出先で要らなくなった場合に便利です。また、抱っこ紐だけでなく、子供が背負うリュックとしても使用できます。公園などで遊ぶ際に、抱っこ紐から外して子供が背中に付けて遊ぶこともできます。

クリップタイプ: クリップタイプの保冷パッドは取り付けが簡単で、ベビーカーやチャイルドシートにも使いやすいです。紐やバックルのように何かを通す必要がないため、使い勝手が良いです。抱っこ紐以外にも、ベビーカーやチャイルドシートを使う場合にクリップタイプが便利です。

保冷パッドを使って、背中を冷やす部位別におすすめの方法もあります。

首を冷やす: 首に保冷剤を直接当てる代わりに、冷却タオルがおすすめです。これを巻いたり当てたりするだけで、涼しさを感じることができます。また、熱が出たときにも使える冷却シートも効果的です。

背中を冷やす: 背中を冷やすには、薄手の保冷パッドが一般的です。保冷剤がずれ落ちないように、抱っこ紐に固定できる紐がついているタイプを選ぶと良いです。また、保冷パッドは抱っこ紐以外でも使用できるため、布団などで寝るときにも利用できます。

脚の付け根・ひざ裏・手首を冷やす: 脚の付け根やひざ裏、手首を冷やす際には、熱さまシートなどの冷却シートを貼る方法もあります。ただし、衣類に覆われている部分では効果が薄いため、注意が必要です。保冷パッドを使用する場合は、紐やバックルでしっかり固定し、子供の安全を確保しましょう。

保冷パッドを手作りしたり、家庭にある保冷剤を工夫して利用することもできます。赤ちゃんの快適さと安全を考えつつ、適切な方法を選んでください。

まとめ

抱っこ紐での保冷剤の使い方や便利なアイテムについてご紹介しました。赤ちゃんを抱っこする際には、適切な位置に保冷剤を入れつつ、冷やし過ぎには十分注意が必要です。

特に、凍っても硬くならないソフトタイプの保冷剤が抱っこ紐での利用におすすめです。赤ちゃんの快適さを確保しながら、暑い日や外出時に体温を調節するために活用できます。

タイトルとURLをコピーしました