スポンサーリンク

おくるみは寝たら外す?朝まで巻いたままはよくないのか解説!

多くの家庭では、おくるみが寝かしつけに欠かせないアイテムとして重宝されています。

赤ちゃんがスムーズに眠りにつく手段として、おくるみは頼りになりますよね。

ところで、おくるみを巻いて眠らせる際、そのままにしておいても大丈夫なのでしょうか?

結論から言うと、そのまま眠らせても問題ありません!

眠っている間に外す必要はありません。

ただし、おくるみを巻いたままで眠らせても問題がないのか、何時間までなら安全なのか。

実際に使っている方やこれから使おうと考えている方にとって、気になるポイントではないでしょうか?

スポンサーリンク

おくるみを巻いたまま寝かせても問題ない?何時間ならOK?

おくるみを巻いたままでの時間制限は特にありません!

赤ちゃんはおくるみに包まれると安心することが多いですよね。

そのまま包まれて眠ってくれるのであれば、そのまま寝かせても問題ありません。

一部の方は、身動きが取れなくなることが心配ですが、おくるみを使用する時期自体が身動きが少ない時期でもあります!

おくるみを使うのはいつまで?

おくるみを使う時期は、赤ちゃんが寝返りをするようになるまでが適しています。

つまり、生後3~4ヶ月頃までです。

この時期は、赤ちゃんの睡眠サイクルがまだ整っていない時期です。

授乳やミルク、おむつ交換が3時間おきに続くこともあります。

そのため、赤ちゃんが一度に長時間眠ることはまだありません。

したがって、寝かせた後もおくるみを外す必要はありません。

寝返りをするようになったらおくるみに注意!

逆に、赤ちゃんが寝ている間に身動きをするようになったら注意が必要です!

おくるみに包まれたまま寝返りをすると、窒息の危険があります。

おくるみは便利ですが、赤ちゃんが寝返りをするようになったら使用を控えましょう!

我が家でも、生後3ヶ月頃までおくるみを使用することがありました。

ただし、娘は暑がりなので、毎日ではなく必要に応じて使用していました。

しかし、生後3ヶ月を過ぎると寝返りをするようになりましたので、自然とおくるみを使わなくなりました。

その後は、ブランケットとして使用しています!

おくるみの効果はすごい!寝かしつけがラクになる方法!

おくるみの効果は本当に素晴らしいですよね。

赤ちゃんの寝かしつけに悩んでいた人でも、おくるみを使うと劇的に改善されることがあります!

おくるみで寝かしつけをラクにする方法について、詳しくご紹介していきましょう。

まず、おくるみにはどんな効果があるのか、赤ちゃんがなぜ安心するのかについてお話しします。

おくるみを使うことで、赤ちゃんはママのお腹の中にいたときと似た状態になります。

お腹の中では赤ちゃんは包まれて丸くなっているので、それと同じ感覚を与えることで安心感を得るのです。

大人でも、慣れ親しんだ場所や状況から離れるのは寂しいものですよね。

赤ちゃんも同じく、ママのお腹の中が安心できる場所だと思っているのです。

おくるみは赤ちゃんにとって、安心をもたらす素晴らしいアイテムなのです!

次に、おくるみで寝かしつけをラクにする方法についてお伝えします。

おくるみでの巻き方がポイントです。

正方形のおくるみを使用する場合は、ひし形に置いて上部を赤ちゃんの首が出るように折り曲げます。

その後、左から下、右から下の順番に赤ちゃんを包むように折りたたんでいきます。

長方形のおくるみでも同じ手順で包みます。

包み終わったら、赤ちゃんを抱っこして体温を感じさせるとさらに安心します。

また、周囲の音や環境も重要です。

子守歌やオルゴールで優しく揺らすと、寝かしつけがスムーズになります。

その際、テレビなどの雑音は避け、電気も消して静かな環境を整えましょう。

おくるみを使って寝かしつけに成功したという声も多く聞かれます。

私の周りでも、ほとんどのママ友がおくるみを使っていますよ!

おくるみをやめたら寝ない!寝ない原因のチェックリストを紹介

おくるみをやめた後に赤ちゃんがなかなか寝てくれないという場合、原因を確認するためのチェックリストをご紹介します!

まず、おくるみは寝返りを始めたら卒業が必要です。おくるみを使える時期は生後3~4ヶ月ほどです。この時期はあっという間に過ぎてしまいますから、使いこなせるようになったと思ったらもう卒業かもしれませんね。

昼間の睡眠時間が長すぎる: 昼間に長時間眠ってしまうと夜は寝てくれないことがあります。赤ちゃんの睡眠時間は個人差がありますが、昼間の睡眠時間を調整することが大切です。

お腹が空いているか、オムツを替える必要があるか: 赤ちゃんが寝てくれない場合は、お腹が空いている可能性やオムツを替える必要があるかもしれません。これらの要因を確認してあげましょう。

部屋の温度や湿度が適切であるか: 部屋が暑すぎたり寒すぎたりすると、赤ちゃんは眠りにくくなります。適切な温度や湿度に調整しましょう。

部屋の明るさや雑音: 部屋が明るすぎたり、雑音が多いと赤ちゃんは安心して眠れません。適度な暗さと静かな環境を整えましょう。

赤ちゃんの体調: 赤ちゃんが体調不良の場合は、眠りが浅くなることがあります。赤ちゃんの様子をよく観察し、異常があれば早めに医師に相談しましょう。

これらのチェックポイントを確認してみてください。原因が特定できれば、それに合わせた対策を取ることができますよ!

おくるみで事故になることがある?どういうことに気を付ければいい?

おくるみで赤ちゃんを寝かせることは、多くのママにとって頼りになる方法です。しかし、その利便性にもかかわらず、重大な事故につながる可能性があります。ここでは、おくるみの長時間の使用によるリスクとそれを防ぐための対策についてお話しします。

おくるみの長時間使用によるリスク
乳児突然死症候群のリスク:
おくるみなどの寝具を長時間使用すると、乳児突然死症候群(SIDS)を誘発する可能性があると言われています。SIDSは、1歳未満の赤ちゃんが何の前触れもなく突然死する疾患です。その原因は明確には解明されていませんが、呼吸の圧迫や窒息、体温の上昇が関与している可能性があります。

事故に繋がらないための対策
呼吸の圧迫を防ぐ対策:
おくるみを使用すると、赤ちゃんのモロー反射が抑えられ、呼吸が浅くなる可能性があります。このような場合、赤ちゃんの上半身をピッタリと固定することが原因となります。そこで、おくるみを少し緩めに巻くことや、かさばった服を着せないことが重要です。胸元を緩めることも考慮しましょう。

窒息を防ぐ対策:
赤ちゃんが寝具に埋まることで窒息する事故が起きることがあります。赤ちゃんが成長し、寝返りをするようになると、おくるみが原因でうつ伏せになったり戻れなくなる可能性があります。そのため、寝返りをするようになったらおくるみの使用を控えることが推奨されます。

体温の上昇を防ぐ対策:
赤ちゃんの体温が上昇すると、突然死のリスクが高まります。赤ちゃんは基礎体温が高く、大人ほど寒さを感じません。そのため、寒いからといって厚着をさせることは避けるべきです。赤ちゃんの体温調節機能は未熟なため、適切な温度管理が必要です。

以上の対策を講じることで、おくるみを使用しながらも赤ちゃんの安全を確保することができます。安全第一を心がけましょう。

おくるみは寝たら外すもの!?のまとめ

おくるみは寝ている間も外さなくていいので、寝かしつけにとって本当に便利なアイテムですね!

たくさんの人がおくるみなしでは寝かしつけられないと感じることがあるでしょう。

しかし、おくるみは永遠に使えるわけではありません。

赤ちゃんが寝返りをするようになると、おくるみは使えなくなってしまいます。

ですから、徐々に赤ちゃんの自立を促すために、ねんトレを始めることが大切です。

最初に、寝る環境を整えてみましょう!

また、できるだけ抱っこでの寝かしつけを段階的に減らしてみることもおすすめです。

私たちの家庭でも、赤ちゃんと一緒に寝ることから始め、徐々にねんトレを進めていきました。

寝かしつけにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました