スポンサーリンク

離乳食後期に食パンをそのまま手づかみで食べさせてもいいのか解説!

赤ちゃんが生まれたばかりだと思っていたら、あっという間に離乳食の時期がやってきましたね!

子どもが成長していくのは楽しみな反面、離乳食の準備や作り方に疲れていませんか?私も4人の子どもを育ててきましたが、最初の子供の頃は楽しむどころか、正直めんどくさく感じていました。

「早く大人と同じものを食べられるようになってほしい!」と思っていましたね。

離乳食後期になると(生後9か月~)、赤ちゃんはバナナのような固形物も食べられるようになり、料理の工程が少し楽になると感じることでしょう。

それまで粥状にして与えていたパンなども、段階に応じて与え方について新たな疑問がわいてきますね。

そこで今回は、離乳食後期に食パンをそのまま与えてもいいのか、どれぐらいの量が適切なのかについて、私の経験を交えながらお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

離乳食後期の食パンはそのままあげてもいい?

離乳食を始めた当初からパンがゆを与えていた場合、離乳食後期になって食パンをそのまま与えても問題ありません。

赤ちゃんが十分にモグモグと食べて、飲み込むことができるようになっていれば、食パンをそのまま与えることは安全です。ここで言う食パンとは、耳を除いた白い柔らかい部分を指します。

離乳食の段階は、初期のゴックン期(5〜6か月頃)、中期のモグモグ期(7〜8か月頃)、そして後期のカミカミ期(9〜11か月)と呼ばれます。

私の子供たちも後期になると食パンをそのまま与えていましたが、与える時に考慮したのは、歯が生えているかどうかとそしゃく(歯ぎしり)ができるかどうかでした。

後期に入ったからと言っても、赤ちゃんの成長は個々で異なります。早産だったり成長の速度が違う場合もあるので、単純に後期に入ったからといってパンをそのまま与えるのは注意が必要です。

ですから、赤ちゃんの歯が生えているか、食材を歯茎でつぶせるかどうかを考慮して、食パンを与えるかどうかを判断するのが良いでしょう。

離乳食後期の食パンの量はどのぐらい?

離乳食後期の食パンをそのまま与えることはわかりましたが、適切な量についても気になるところですね。

一般的には、1枚の半分ぐらいや30~50グラムと言われることがよくありますが、実際には状況によって変わってきます。

例えば、食事に食パンだけを用意する場合と、他の食材も一緒に用意する場合では、食パンの量が異なるでしょう。また、赤ちゃんの食欲や個々の特徴によっても違います。

ただし、食パンには多くの場合塩分が含まれているため、食パンだけを過剰に与えるのは避けたいところです。

そのため、多くても1枚分までと決め、残りは赤ちゃんの食欲に任せるのが良いでしょう。我が家では、食べたがりがあれば追加でバナナなどの別の食材を与えました。

私の離乳食の本にも、「基本的には赤ちゃんの食欲に従って与えるべきである」と書かれています。

赤ちゃんの体調や排泄の状況を見ながら、元気で問題がなければ食べたがる量を与えていきましょう。同じ時期でも子供によって食べる量が異なるのは興味深いことですね。私も4人の子供を育てながら、それぞれの個性に感心しました。

離乳食後期の食パンの食べさせ方は?

我が家では、最初の頃は食パンを約1センチほどの小さなサイズに切って与えていました。

離乳食後期に入ると、食パンをそのまま与える大きさに変えました。ただし、私はほとんどの場合、手でちぎって与えていました。赤ちゃんの口の中に入れることもできますし、手づかみ食べも始まってくる時期なので、赤ちゃんの意向に合わせるのが良いと思います。

この時期の赤ちゃんは、自分の意志をはっきりと示すことがあります(笑)。例えば、私が口に入れてあげると拒絶するのに、自分で手づかみで口に入れるとしっかりと食べることがあります。その時はつい、「同じものなのに!」と突っ込んでしまうこともあります(笑)。

手づかみ食べの際のコロンとしたこぶしは、本当に可愛くて見ていてたまりませんね♪ただ、手づかみ食べで握りつぶしてしまうこともあり、食パンが固まってしまってカミカミしにくくなることもあります。その場合は、一口サイズにせずにスティック状にカットして与えるのも良い方法ですが、赤ちゃんが一度に口に入れる大きさには注意が必要です。

この時期は親指と人差し指で物をつかむことができるようになる時期でもありますので、食パンをそのまま食べさせることはトレーニングにもなりますね♪遊びながら食べることもあり、辛い瞬間もありますが、お腹が空いていて食べたいモードの時は、遊び食べも少なく進んで食べることが多いです。

初めて食べる食パンの食感に拒否反応を示すこともありますが、無理に与える必要はありません。次の機会に挑戦したり、繰り返してみると、徐々に慣れてくることでしょう。

パンを自分で食べるようになったら食事マットを準備!ストレス軽減できます

離乳食を作るのも大変ですが、食べさせるのも本当に大変ですよね。

離乳食後期になると、赤ちゃんが食パンを手づかみで食べる様子を見ると、こんな状態でも自分でちゃんとモグモグと食べるようになっていきます(笑)。

食パンに限らず、カボチャや大根など、自分で食べることを応援する離乳食もあります。特にカボチャは離乳食で既に食べ慣れている味なので、興味を持つかもしれませんね。

もう少ししたら、どんな食事も自分で食べられるようになる時期が必ず来るので、それまでめげずに頑張りましょう!

自分で食べ始めると、とにかく汚す!食べ方が汚い!という状況になります(笑)。本当に大変ですよね。

手がかからなくなった喜びもありつつ、後片付けが面倒で面倒で…。私は床の食べこぼしを拾うのが大変でしたので(家にペットもいたので)、食事マットを使うことで、足元に落ちる食べ物がぐっと減って、テーブル上の後片付けもとても楽になりました♪

おすすめは、マットの端から端までポケットがあるタイプのものです。ポケットが中心だけのデザインもありますが、横からこぼれると悔しいです(笑)。

私は、食べカスや汚れがわかりやすいように、無地で可愛げのないマットを選びましたが、食事マットにはドラえもんやワンワン、ムーミンなど可愛いデザインのものもたくさんありますよ♪

離乳食後期に食べさせていい食パンの種類は?

食パンと一言で言っても、様々な種類がありますね。

離乳食後期の頃には、バターやマーガリンを含む食パンを与えても問題ありませんが、これらの味付けは一般的には大人向けの食パンとして作られています。

ですので、最初のうちはシンプルな原材料を使った食パンが適しているでしょう。

また、兄弟姉妹がいる場合、上の子が食べている菓子パンが気になることもあるかもしれませんね。バターロールやメロンパンなどのパン生地の部分を与えることも考えられますが、必要以上に濃い味付けされた菓子パンは控えた方が良いでしょう。

離乳食後期では、歯茎で上手にカミカミすることが目的であり、美味しいパンを食べることが目的ではありません。この点を認識しておくことが大切です。

食パンにジャムやマーガリンを塗るのは良いのか気になるところですね。乳幼児健診時にもらった離乳食カレンダーによると、バターやマーガリンは中期から、ジャムは後期から与えても良いとされています。

ただし、これらの調味料も塩分や糖分が高いことに変わりはありません。与える際は少量にすることをお勧めします。

また、何かをつけると手がベタベタになることも考慮すべきです。色々な調味料に慣れさせるためにも与えたいと思うかもしれませんが、手間を考えると無塩バターや砂糖不使用、低糖のもの、または無添加のジャムを使用すると良いでしょう。

離乳食後期の食パンレシピの人気メニューは?

今回の記事のテーマは食パンをそのまま手づかみで食べることについてですが、せっかく手軽に用意できる食パンも、そのパンに飽きられて食べなくなるのは困りますよね(笑)。

そこで、離乳食後期に合った簡単で人気のある食パンレシピをいくつかご紹介します。

きな粉、チーズを使ったメニュー
クックパッドからの抜粋で、フライパン調理をしない簡単に作れるきな粉を使ったレシピです。手づかみきなこトーストがレシピです。
こちらもクックパッドから抜粋した、フライパンや調理の手間がとにかく少ない簡単に作れるチーズを使ったレシピです。手が汚れない簡単チーズパンがレシピです。
どちらのレシピも、余計な洗い物がなく、チンするだけでできるレベルのものです。私自身が本当に面倒くさがりなので、そのまま食べるのとほとんど変わらないぐらいの手間しかかからないものを選びました。

離乳食後期の食パンについてのまとめ

離乳食の進め方は、赤ちゃんそれぞれの発育状況によって大きく異なります。

特に食べる量に関しては、個人差がありますね。我が家も4人目の赤ちゃんの食べっぷりにはビックリしました。

赤ちゃんにとっての離乳食時期は、人生の中でほんのわずかな期間であり、もう二度と訪れないとても貴重な時間です。

大変な中でも、毎日の食事タイムをかけがえのない時間にして、すくすくと成長する過程を楽しんでいきましょう!

タイトルとURLをコピーしました