スポンサーリンク

粉ミルクを哺乳瓶に入れておくのはダメ?夜中のミルク作りを楽にする方法を紹介!

夜間のミルクの作り置きは基本的に避けるべきです。

未使用のミルクは調製後2時間以内であれば作り置きが可能ですが、新生児の授乳間隔は通常3時間なので、夜中に作り置きしておくことは勧められません。

医療機関向けの厳格な温度管理が施された冷蔵庫であれば、ミルクを24時間保存することが可能ですが、一般家庭用の冷蔵庫は頻繁に開閉され、食材も収納されているため、衛生面を考慮するとミルクの作り置きは好ましくありません。

しかし、子育てに疲れ果てた睡眠不足のお母さんにとって、夜中にミルクを作るのは大変ですよね。

この記事では、夜中に立ち上がらなくても寝室でミルクを調製できる簡単な方法を紹介します。

私も2人の子供を育てていますが、この方法を使って夜中のミルクを作ることで、睡眠時間を確保していました。

この方法を知る前は、夜中にミルクを作る際に粉をこぼしたり、睡眠時間が不足することがよくありました。

ぜひこの方法を試してみて、夜中でも短時間でミルクを調製できるかどうかを確かめてみてください。

スポンサーリンク

1. 夜中にミルクの作り置きせずに時短で簡単に調乳する方法

夜中にミルクを作り置きせずに、時短で簡単に調乳するためには、寝る前に準備をしておきましょう。

準備するもの
哺乳瓶:夜中にミルクを飲む回数分を用意しておきましょう。3本あれば安心です。
調乳に使うお湯:保温機能のある電気ポットやケトルでOKです。
湯冷まし:ミルクの調乳を劇的に時短できるので、用意しておくことをおすすめします。
夜中のミルク作りに準備しておくこと
寝る前に使う哺乳瓶は消毒しておく:レンジ消毒が簡単です。
哺乳瓶の中に1回分の粉ミルクをいれておく:寝ぼけても混乱しません。
枕元に哺乳瓶とお湯を入れたボトル、湯冷ましを準備しておく:立ち上がる必要がないようにしましょう。

夜中にミルクを時短で簡単に作る手順
すでに粉ミルクを入れている哺乳瓶に熱湯を3割ほど入れる。
フタをしてミルクを溶かす。
湯冷ましまたは赤ちゃん用のお水を足して適量のミルクを作る。

とても簡単ですよね。使った哺乳瓶は朝起きてからまとめて消毒すればOKなので、ミルクを飲ませた後は睡眠時間を確保できますよ。

この方法は日中のミルク作りでも時短になるのでおすすめです。月齢によってミルクの量が変わるので、熱湯の量は調整してください。

夜中のミルクは液体ミルクにするのもOK!デメリットは?

夜中でも簡単にミルクを作るための方法を紹介しましたが、準備や調乳が面倒だと感じる方には液体ミルクを使うこともおすすめです。

液体ミルクは常温で与えられるため、調乳の手間が省けるだけでなく、哺乳瓶に移し替えるだけで済むのでとても便利です。また、災害時の備蓄にも活用できますね。

しかし、液体ミルクにはいくつかのデメリットも考慮する必要があります。

液体ミルクのデメリット
飲み残しは開封後2時間以内:開封後は2時間以内に使用する必要があり、口をつけた後の飲み残しもNGです。保存方法も注意が必要です。

粉ミルクよりも高価:価格はメーカーや量により異なりますが、一般的に粉ミルクよりも約2~3倍高いとされています。経済的な負担があるかもしれません。

赤ちゃんが飲まない可能性もある:普段粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、別のメーカーの液体ミルクを飲まない場合もあります。また、常温のミルクに慣れていない場合も注意が必要です。

これらのデメリットを考慮しながら、液体ミルクを使うことで夜中のミルク作りの負担を軽減できる場合もあります。使い方を工夫して、家計や赤ちゃんの健康に配慮しながら活用してみてください。

夜中のミルクはいつまで?

夜中のミルクがいつまで続くのか、その不安は多くのママが抱くものですね。

睡眠不足の中で毎日クタクタになり、いつになったらゆっくり眠れるのかという悩みは私も経験しました。

実際、夜中のミルクはだいたい1歳6ヶ月頃までが一般的です。

「1歳6ヶ月までって、まだまだ先の話だな…」と感じるかもしれませんが、心配は不要です。

新生児のミルクの間隔は2~3時間ですが、月齢が進むにつれて飲む量も増え、ミルクの間隔も長くなります。

それに伴って、夜中に寝てくれる時間も段々と増えてきます。

寝てくれる時間がどれくらい増えるかは個人差がありますが、私の子供の場合、生後3ヶ月で夜中のミルクは1回になり、時には夜中に起きることもありませんでした。

完全に夜中のミルクがなくなったのは、離乳食が始まった生後5ヶ月頃でした。

新生児の頃は夜中のミルクが3回と多く感じられますが、それも徐々に減っていきますので、安心してくださいね。

4. まとめ

夜中のミルク作りは衛生上の理由から避けるべきです。調製後2時間以内であれば作り置き可能ですが、新生児のミルクの授乳間隔は3時間なので作り置きは適切ではありません。

時短する方法は、寝る前にミルク作りの準備をしておくことです。必要な物は粉ミルクを入れた哺乳瓶、熱湯を入れるケトルかボトル、そして湯冷ましです。

夜中のミルクが大変な方は液体ミルクを使う方法もあります。夜中のミルクがいつまでかというと、ほとんどが1歳6ヶ月頃までです。

本当に大変な夜中のミルク作りですが、自分に合った方法を見つけて試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました