スポンサーリンク

豆椅子はいらない?デメリットやスツールで代用できるか解説!

椅子を購入する際には、0歳から2歳の子供には背もたれや肘掛けは不要です。そのため、最適な選択肢はスツールです。特に肘掛けは座り心地を悪くするだけでなく、必要ありません。

豆椅子を使えるようになる月齢や、そのデメリットについて説明し、豆椅子よりも優れたスツールをおすすめします。

スポンサーリンク

豆椅子は何歳から?

豆椅子は、腰が安定して座れるようになる頃から使えるため、多くの場合、6か月から7か月頃から利用可能です。本格的に座ることができるようになるのは、9か月から1歳以降です。

しかし、豆椅子をおすすめすることはできません。

0歳の子供が食事用に豆椅子を使用する場合、座面が深くて背もたれが高いため、子供が背もたれにぴったりとくっついてしまい、座りづらくなります。また、大人も子供に食事を与えるのが難しくなる可能性があります。

さらに、0歳の子供は食事中に座っていることがあっても、その他の時間は床で自由に遊ばせる方が発達に良いとされています。また、椅子による事故の心配もあります。

豆椅子を買って失敗した話

我が家では、0歳の食事時にはバンボを使っていましたが、1歳になると共に椅子を導入することになりました。検討の結果、子供が自発的に座れるようにと、ハイチェアではなく、座卓と豆椅子での食事を考えました。

しかし、この計画は大きな失敗でした。購入した豆椅子は座面が約17センチしかなく、子供の足が全く床につかず、背もたれに頼ってしまうと全く食事ができる状態ではありませんでした。

早急に豆椅子+座卓のプランを諦め、ハイチェアを購入し、ダイニングテーブルでの食事に切り替えました。

0歳の子供の場合、食事時にはローチェア、ハイチェア、またはバンボ、あるいは親の膝で十分だと思います。私たちは膝の上→バンボという流れでした。(ちなみに、バンボは腰が安定する前に座らせるのは避けた方が良いという考え方もあるので、完全に腰が安定するまでは親の膝でした。)

豆椅子のデメリット

豆椅子の最も大きなデメリットは、幼児が自分で机のそばに座ることができないことです。豆椅子を机の近くに配置すると、背もたれや肘掛が邪魔になり、座ることが難しくなります。逆に机から離れた位置に配置すると、座ることはできますが、0歳や1歳の子供が自力で机に近づくことはできません。そのため、親が椅子を机に寄せる必要があります。

我が家が豆椅子を購入して学んだことは、0歳から2歳の子供には背もたれや肘掛は不要だということです。

また、典型的な豆椅子の背もたれや肘掛はパイプ状になっており、その間に足や腕が挟まる危険性があります。さらに、背もたれにつかまって立ち上がり、転倒する恐れもあります。

私たちが選んだララチェアは、プラスチック製であり、座面が一般的な豆椅子よりも高いため、まともに座れるようになるのは2歳を過ぎてからでした。

この椅子はお風呂の椅子のような形をしており、持ち手がぷーさんの形をしています。パイプの隙間に挟まれる心配がなく、掃除も簡単です。また、脚が幅広いため、安定感があり、座っていてもバランスを崩しにくいです。しかし、1歳の子供には座面が高すぎるという問題があります。2歳から3歳くらいになると、時々座るようになりました。

1歳前後(身長70~80センチくらい)におすすめの椅子

1歳の子供が遊ぶときには、基本的に椅子がなくても問題ありませんが、時々座ってお絵かきをすることもあります。1歳前後の子供に適した椅子の高さは、13〜15センチ程度です。牛乳パックを使用して手作りするか、子供用の風呂椅子や低い踏み台がぴったりです。

市販品では、アンパンマンの踏み台などがあります。

牛乳パックを使う場合は、空の容器に新聞紙を詰めて、3個×2段分(計6個)を用意します。それをテープで固定し、キッチン用の防水シートなどで包んで座面高が約15センチのスツールが完成します。

前述の通り、我が家では17センチの豆椅子を購入しましたが、子供の足が届かず、座り心地も悪かったため後悔しました。1歳の子供との食事は、子供が静かに座って食べることができるか、親が辛抱強く相手をできる場合は、低い座卓と13〜15センチ程度のスツールの組み合わせも良いと思います。

1歳半~2歳(身長80~90センチくらい)

豆椅子の教訓を生かし、子供が2歳になる頃に、背もたれや肘掛けのない「ちびっ子まるイス(背もたれなし)」を購入しました。座面の高さは約17センチです。

この椅子はまさに最適解でした!

子供も気に入り、どこでも自ら座っています。軽量なので、子供でも簡単に運ぶことができます。そして、机の近くに配置しても、すぐに座れるので、親の手助けも必要ありません。

身長85センチの子供でも足がしっかりと床につきます。購入をもう少し早くすればよかった…。また、元々あった高さ36センチの座卓に座ると、ちょうど良い感じです。

この椅子のおかげで、机での絵を描く時間が増えました!

ちなみに、端に座ってバランスを崩して転倒したことがありますが、痛そうに見えず、バランスを取る練習にもなり、むしろ良い経験だと感じています。

椅子に座る習慣が将来勉強につながるとされていますが、それが科学的に正しいかはわかりません。個人的にはあまり関係ないように思いますし、幼児期に座ることを強制するのは逆効果だと思います。

ただし、子供が自分から座りたいと思うような椅子があれば、遊びの幅も広がります。本当におすすめです!

食事の際には、じっと座って食べる子供なら座卓でも問題ありませんが、我が家ではハイチェアを引き続き利用しています。

3歳になったら机と椅子デビューを!

1歳半から2歳の子供は短い時間しか机に向かいませんが、3歳になると、集中してぬり絵やパズル、お絵かきなどに取り組む姿が見られるようになります。

そのため、幼稚園や保育園にあるようなタイプの椅子を購入する場合は、3歳くらいがおすすめです。背もたれがついており、座面の高さが調節できるものが理想です。

3歳になると、食事以外でも椅子に座る時間が増えます。3歳から未就園児を対象とした製品が豊富にありますので、選択肢も多く、購入するのに適した時期です。

その場合、広いデスクが絶対に必要ですよ。

タイトルとURLをコピーしました