スポンサーリンク

赤ちゃんがスプーン食べの練習を始めたのはいつから?口コミ体験談

赤ちゃんがスプーン食べの練習を始めたのはいつから?

先輩ママに『赤ちゃんがスプーン食べの練習を始めたのはいつから?』

について聞いてみました。

スプーンの練習のコツ・体験談や、微笑ましいエピソードをお聞きしました。

結論!スプーン食べの練習を始めたのは1歳前後

スポンサーリンク

スプーン食べの練習を始めたのはいつから?

保育園でスプーンを使用していたので一歳前にはスプーンの練習をしていたと思う。現在5歳でいつのまにか、おはしまで使用できるが、スプーンの使用方法についていつの間にか出来るようになった感じで特に意識はしていなかった。特に心配もする事なく今に至る。昔の写真から子供用のスプーンを渡しそれでひたすら料理を食べさせている写真があるのでそんな感じかと。
1歳になったのをきっかけで練習し始めました。最初私がスプーンで与えていたところ、自分でもやりたくなったのかそのスプーンを欲しがったので、次の日に小さいスプーンを買ってきてすくって渡したところ、私の身振りを真似しながら口に運ぶことが出来ました。初めはこぼしたりもありましたが上手く出来たらとても褒めているうちに自分でスプーン食べができるようになりました。
スプーン食べの練習を始めたのは1歳2~3ヶ月頃です。ままごとの際にスプーンを持たせたり、ご飯のときに食べさせるのとは別に子どもが持てるスプーンを用意したり、とにかく触れさせる機会を多く作ることから始めました。自分からすくって食べようとしているそぶりがあったら、子どものスプーンを持っている手に自分の手を添えて食べる練習をさせました。
離乳食開始とともに食事のときはスプーンを持たせていました。初めは持っているだけだったり、スプーンを投げたりしていましたが、生後10ヶ月頃には真似をして掬って口に運ぶようになりました。ほとんどこぼしていたり上手に掬えず空のスプーンを口に運んでいました。麺類短くすることで掬いやすくしていました。そして、わたしが掬って子どもに自分で口に運ばせることもしました。うこ
5ヶ月から。お茶をスプーンで飲む練習から始めました。ワンオペだったので、膝に座らせるのではなく、ハイローチェアに座らせ、食べさせていました。離乳食初期よりスプーンに興味のある子だったので、いつもスプーンを取って歯固めのようにかぶっていました。その頃から、赤ちゃん用のスプーンを持たせて、すくうことと口に運ぶことを手伝って食べさせていました。
1歳になるタイミングでスプーンを握らせました。最初はそれで食べようとはせず、ひたすら舐め回していましたがご飯を乗せてあげるとそのまま口に運び食べました。そこでスプーンで食べる事を覚えて、次第に私がご飯を乗せずにお皿ごと渡してみると一生懸命すくおうとしていました。最初はなかなか上手くいかずイライラしていましたが、少しずつですがスプーンに乗るようになり食べれるようになりました。
スプーン食べの練習を始めたのは、掴み食べも慣れ初めた頃に始めました。1歳になる手前ぐらいだったと思うので他の子よりうちの子は遅いスタートでしたが、スプーンに興味はあるようで、持つと食べるのに使うというより遊んでしまう感じもしたので、こちらもスプーンで食べる仕草をしたりしてこうして食べるよと教えていました。
離乳食を始めてすぐからスプーンを持ちたがり、自分で持たないと食べない子だったため10ヶ月頃からはほとんどスプーン食べの補助をする形か、掴み食べでご飯を食べていました。プリンやゼリーなどは難しい様でしたが、ヨーグルトはスプーンに絡みついて食べやすい様でよく食べてくれていました。また、スプーン自体への執着が強く、食べなくてもスプーンを常に手に持っていました。
一歳頃からはじめました。最初はとにかく手で食べようとしていたので、グリップのついた滑りにくいスプーンを複数本購入し、ママごと、食事と同じ物を使用させました。上手持ちや下手持ちは特に拘らず、自分でスプーンを使って食べる楽しさを理解させました。妻は一緒にスプーンを使用して食べていたそうです。あとはスプーンですぐすくえるくらいの一口分くらいのご飯にしていました。
1歳前くらいから手掴み食べをするようになったので、手掴み食べしやすい食パンや野菜スティックなどのメニューを取り入れていました。1歳3ヶ月頃から、大人たちが使っているスプーンに興味を持ち始めたので、赤ちゃん用のスプーンを持たせました。もちろん始めは上手くすくえませんが、スプーンの上にご飯を乗せて置いておくと自分で持って食べられるようになりました。
タイトルとURLをコピーしました